ぽっこりお腹はこれで解決!誰でも簡単に出来る「ドローインダイエット」のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
428view

2018/09/14 更新 公開

いま、マスコミで話題のドローインダイエット

お腹まわりが目立つことで、悩んでいる女性は少なくありません。
自分なりに対策を取っているつもりでも、効果が出なくて途方に暮れている人もいるのではないでしょうか?
たとえば、お腹まわりの筋肉を鍛えるためには腹筋運動が効果的と思われがちですが、つらい運動はなかなか長続きしないものです。
そこで、もっとシンプルな方法でお腹まわりをスッキリさせることができるとしたらうれしいと思いませんか?

そんな人におすすめなのが「ドローインダイエット」です。
この名前は、最近、よくTVや雑誌などで取り上げられることが多いので聞いたことがある人もいると思います。

簡単でありながら、効果が期待できるおすすめの方法です。

どんなメカニズムなの?

「ドローインダイエット」については、多くのマスコミで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思います。
この方法を簡単に説明すると「お腹と背中をくっつけるイメージで、お腹をへこませる動作をする」という、ただそれだけの簡単なダイエット方法です。
これだけ聞くと「本当にそれで効果が期待できるの?」と思う人もいるかもしれませんが、そのメカニズムを知ると納得がいくはずです。

そのメカニズムを簡単に説明すると次のようになります。

まず、お腹を引っ込めることによって身体の奥の深層筋である体幹が鍛えられます。
そして、その体幹が鍛えられることによって、結果として身体全体の基礎代謝量がアップします。
つまりお腹だけではなく、身体全体がや痩せやすい体質に変化していくんです。

姿勢もよくなりスタイルも改善される?

さらに、体幹を鍛えることでやせるだけではなく、正しい姿勢を保つ筋肉が鍛えられるので姿勢もよくなります。
つまり、スタイルもよくなるわけです。

猫背や姿勢の悪い歩き方など、さまざまなコンプレックスを持っている人にとって、その解決のカギとなる可能性を秘めています。
お腹まわりもスッキリして、姿勢もよくなるなんてこんなにいいことはありませんよね。

ドローインの正しいやり方

では、ドローインの正しい方法についてご紹介しましょう。

●1.丹田を意識しつつお腹をへこませながら息を吸う

お腹には丹田というツボがあります。
ドローインでは、ここが重要なポイントとなります。
丹田は、おへそから約5cmから10cmほど下の部位にあります。
このツボを意識してこの部分に力を入れながら息を吸いつつ、お腹をへこませていきます。

●2.お腹をへこませながら息を吐く

次に、息を吐くときにも息を吸うときと同じようにお腹をへこませます。

●3.どちらの動作も15秒~30秒キープする

そして、息を吸うときも吐くときもお腹を引っ込めた状態を15秒~30秒キープします。
「細く長く」をモットーにやってください。
これを1日10セットやります。

注意点は、必ず正しい姿勢のもとに行うことです。
最初はうまくできなくても、毎日繰り返していくとラクにできるようになります。
あきらめずに日々地道に続けていきくことが大切です。

いつでもどこでもできるのが魅力

このドローインダイエットの最大の魅力は、いつでもどこでも気が向いたらできるということです。
たとえば、道を歩きながらとか、通勤電車の中や病院での待ち時間、カフェでお茶をしているときでもできます。
この動作はひそかにできて、誰にも気づかれないので時間と場所を選びません。
だから「できない」とか「続けられない」という言い訳ができない方法でもあります。

ダイエットだけではなく健康効果も期待できる

実は、このドローインの動作をすることで、ダイエット以外の効果も期待できるといわれています。
代表的なものを挙げると「便秘」や「腰痛」などです。
このメソッドによって、内臓が正しい位置に収まり、骨盤の歪みも正されるといわれているので、ダイエット以外にも身体に良い変化が起こりやすいのです。
一石二鳥どころか、さらなるメリットが得られそうです。

まとめ

ただ、お腹を息を吸ったり吐いたりしながらお腹をひっこめるという動作をするだけでダイエットができるなんて、にわかには信じがたいという人もいるかもしれません。
実は、ダイエットで一番大切なのは身体の基礎代謝量をアップさせることです。
そして、この「丹田を意識しつつ、お腹を引っ込める」という運動によって、体幹が鍛えられます。

つまり、それによって基礎代謝が活発になっていきます。
基礎代謝がアップするということは、運動をしていないときでも身体のカロリーの消費量が高くなるということです。

よって、やせやすい身体づくりができるというわけです。
あまりにも簡単な方法すぎて、信憑性に欠けると思う人もいるかもしれませんが、ぜひ、試してみてください。
シンプルな方法こそ、長く続けられて効果が出やすい方法といえますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧