2017/05/05 更新 公開

いつまでも若々しい印象を。美肌になるためには「食」と「ライフスタイル」を改善しよう◎

女性であれば誰もが綺麗な肌に憧れを抱いていることでしょう。ハリがあって透き通るように綺麗な素肌をいつまでも保ちたいですよね。健やかな肌をキープするには、気をつけるべきポイントがあります。そこで今回は美肌のためにできることを、食生活・ライフスタイル・スキンケアの大きく3つに分けてご紹介します!

女性の毎日のスキンケアに欠かせない「化粧水」。美肌を手に入れるためになくてはならない存在です。肌に水分を補給させて、みずみずしい潤いを与えてくれる役割のあるアイテム。使用感はアイテムによってさまざまで、さっぱりしたものからとろみのあるような重いテクスチャーのものもあります。さらに乾燥肌や敏感肌、オイリー肌などの個人の肌質別に合ったアイテムが存在するため、自分に合うアイテムを探したいものです。そこでここでは低価格で手に入れることが出来るおすすめアイテムを紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
181view

「美肌」ってどんな状態?

きれいな肌を目指して日々のスキンケアに力を入れている女性は多いと思います。
ただしひとくちに「美肌」といっても目指しようがありませんよね。
まずは美しい肌の定義を学びましょう◎

1.透明感がある

これは肌の水分量が多い状態を示します。
角層の状態が良好であれば肌の水分量は十分に保たれるので、古い角層や汚れは定期的に除去しましょう。

また、肌の血行が悪いとくすんで見える原因に
身体の冷えや寝不足には十分気をつけることが大切です。
お風呂上りなどの体が温まっている時に、マッサージをして血液の流れを良くしてあげましょう。

2.うるおいを感じられる

年齢を重ねると出てくるのが、乾燥のトラブル。
潤いのないカサカサな肌は美しいとはいえません。

そのためにも、日々正しく保湿をすることが重要となってきます。
乾燥した肌だとバリア機能が弱まり、外からの刺激から肌トラブルを引き起こす原因になり得ます。
さらに肌のターンオーバーも正常に機能しないため、肌に古い角質が残ってしまうんです。

保湿をすることによって肌の本来の美しさを保つことができますよ。

3.ハリ・弾力がある

若さの象徴でもある「ハリ」や「弾力」。
たるみのないピンと張った肌は若く美しい印象を与えます。
弾力が失われると、シワの生成にも繋がってしまいます。
いわゆる肌の老化に影響を及ぼすんです。

そこでハリのある肌のためには、本来の機能を保つことが重要となってきます。
偏食や不規則な生活は避けましょう。
さらに肌の衰えに大きく影響する紫外線のダメージにも気をつけてください。

食生活に気をつけよう

美肌を手に入れるために、身体の中からもアプローチをすることができます。
肌に良いといわれる栄養素とそれを含む食材をいくつかご紹介します。

美肌の代表『ビタミンC』

ビタミンCが美容に良いことは多くの方が既にご存知だと思います。
メラニン色素を抑制する働きだけではなく、体力アップを期待することも可能です。

摂取することによって見込むことができる美容効果はこちら。

  • ・シミ、シワ、くすみ予防
  • ・ニキビ、ニキビ跡予防
  • ・キメ細かい肌に整える
  • ・紫外線予防

多く含有する5つの食材はこちら。

ビタミンCを多く含む食材 mg/100g
赤ピーマン 170
黄ピーマン 150
ゆず(果皮) 150
アセロラジュース 120
パセリ 120

ビタミンCは2~3時間で排泄されるようなので、1日3食に分けて摂取するのが良いようです。

ミネラルの一種の『鉄』

一般的に貧血予防に良いといわれる鉄分ですが、肌にも良い影響を及ぼします。
女性は月経によって鉄不足に陥りがちなので、ぜひとも意識をして摂取してください。

摂取することによって見込むことができる美容効果はこちら。

  • ・シミ、しわ、たるみ予防
  • ・肌にハリを与える
  • ・ターンオーバーを正常に整える

多く含有する5つの食材はこちら。

鉄を多く含む食材 mg/100g
 豚肉(レバー)  13.0
 鶏肉(レバー)  9.0
レバーペースト 7.7
 パセリ 7.5
 はまぐりの佃煮 7.2

3回の食事でこまめに摂取するとこが望ましいようです。
さらに肉や魚などの動物性たんぱく質やビタミンCは鉄の吸収を助けるため、食べ合わせるとより効率的に摂ることが可能です。

抗酸化力を持つ『βカロテン(ビタミンA)』

βカロテンとは、緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種となります。
ストレスや悪い生活習慣により発生する活性酸素を除去する働きがあり、美肌だけではなくヘアケアにも大切な成分なんです。

摂取することによって見込むことができる美容効果はこちら。

  • ・紫外線のダメージを抑制する
  • ・シミや色素沈着を薄くする
  • ・肌荒れ予防

多く含有する5つの食材はこちら。

βカロテンを多く含む食材 μg/100g
 しそ 11000
 モロヘイヤ 10000
 にんじん 8600
 パセリ 7400
バジル 6300

ごま油やオリーブ油などの植物油と一緒に摂ると、効率よく吸収できます。
さらにビタミンEが豊富なナッツ類と食べ合わせるのも良いそうです。

ライフスタイルを改善するのも効果的

生活習慣も肌に大きな影響を与えます。
どのような生活を送ることを心がけるべきか、ご紹介します。

ストレスを溜めない

紫外線による刺激等の外的ストレスだけではなく、疲労や人間関係等の内的ストレスも肌トラブルに関係します。

さらに、ストレスはホルモンバランスの乱れにも影響を及ぼします。
これによって過剰な皮脂分泌を引き起こし、毛穴つまりや大人ニキビなどのトラブルの原因になり得ます。

さらに肌のバリア機能を低下させる原因にも。
内臓系に刺激を与えて、肌のバリア機能までも低下させてしまいます。

ストレスに見舞われる世の中ではありますが、こまめにリフレッシュをして解消することが重要です。
ストレスとうまく付き合って健やかな肌も健康も手に入れましょう。

睡眠不足を改める

寝不足が続くと、見るからにくすんだ肌になってしまいますよね。
肌の状態悪化を実感したことがある方もいることでしょう。

睡眠不足は、肌のターンオーバーのサイクルを乱してしまいます
そうするとバリア機能が低下してニキビの元にも。
さらに機能の低下によって肌の乾燥を引き起こすこともあるようです。

キメ整った綺麗な素肌に保つためにも、睡眠は十分にとってください。

体を動かす

社会人になって年齢を重ねると、極端に運動量が減ったと感じる方も多いことでしょう。
でも定期的にエクササイズをしている女性の肌って、なんとなく綺麗に見えますよね。
これは単なる気のせいではなく、データで証明されたようです。

運動をすると交感神経の働きを促進し、血流が良くなります。
それによって肌の新陳代謝が活性化されるんです。
さらに肌の抵抗力もアップすることが可能。
体の機能を正常化させるためにも、適度な運動は絶対に必要となります。

大掛かりな運動をしなくても、まずは簡単なストレッチから始めてみませんか?
肌の調子がみるみるうちに改善されることを実感できるはずです。

スキンケアにも力を入れよう

もちろん毎日のケアも直接的に美肌に関わってきます。
これを怠っているようでは、いつまでたっても健やかな肌を手に入れることができません。
毎日使用する化粧水こそ本当に良いものを選びましょう。
ここではおすすめのアイテムを3つご紹介します。

透き通った肌が手に入る

引用:©www.ampleur.jp

AMPLEUR
ラグジュアリーホワイトローションAO Ⅱ
価格:5,400円(税込)
容量:120ml

クリアな肌に仕上げることができる、高保湿タイプのホワイトローションです。
リッチな美容液成分を凝縮、もちもちの肌を保ちます。
さらにすばやく肌に浸透し、肌にのせると瞬時に角層まで染み渡るんです。
美白ケアにおすすめのアイテムです。

AMPLEUR公式HPはこちら。

ハリのある若々しい肌へ導く

引用:©www2.kobayashi.co.jp

hifmid
エッセンスローション
価格:3,240円(税込)
容量:120ml

弾力のある肌に導くことができる高保湿タイプのアイテム。
角質層までみずみずしい潤いを与え、しっとり綺麗な素肌に。
乾燥からくる小ジワも目立ちません。
手の平が肌に吸い付くような使用感で、水分がしっかり補給されているのを実感できます。

hifmid公式HPはこちら。

心地よい使用感のプチプラ化粧水

引用:©www.shiseido.co.jp

AQUALABEL
ホワイトアップローション
価格:1,512円(税込)
容量:200ml

安くて誰でも手に入れやすいアイテムですが、口コミ評価も高いのがこちら。
メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎ、透明感の美しい肌に導いてくれます。
使用感のタイプは3種類でさっぱり・しっとり・とてもしっとりまで展開しています。
好きな使い心地のものを選ぶことができます。

AQUALABEL公式HPはこちら。

まとめ

いかがでしたか?
今回は美肌を手に入れるために気をつけるべきことをご紹介しました。
食生活やライフスタイル、ケアを改善して綺麗な素肌を手に入れませんか?
いつまでも美しい肌でいるためにも、今から心がけてみてはいかがでしょうか。
ぜひ参考にしてみてください◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンプーを選ぶポイント間違ってない?実は頭皮に影響を与える●●を知っておかないと大変なことに…?

シャンプーに入っているシリコン・ノンシリコンはさほど重要じゃない?!実はシャンプーなどのケアアイテムで多用されているあの成分が肌に影響を及ぼしていたんです!

シャンプー選びを「シリコン」の有無で決めるのはNG!!

p.y.o.t.e
@Instagram

シャンプー選びをシリコン、ノンシリコンで選んだりしていませんか?
一時期シリコンは頭皮に悪影響を及ぼすという情報が流れ、一気に話題となったのがノンシリコンシャンプーでしたよね。

でも実はシリコンがダメ、ノンシリコンが良いなんてそんな極端なものではないのは知っていましたか?

シャンプーを選ぶポイント間違ってない?実は頭皮に影響を与える●●を知っておかないと大変なことに…?

続きを読む