コーディネート

更新 公開

ベージュのシャツ/ブラウスコーデ14選!きれいめコーデで大人の着こなし

関連キーワード

Lesson1: ×デニムは濃い目カラーが正解!

ベージュのシャツに本当に合うデニム、即座に答えられますか?
カラーは?シルエットは?丈感は?実は全てに「正解」があるんです。
迷ったらコレ!なデニムをお教えしますので是非ご覧下さい。

出典:©www.outletpeak.com

デニムと言えば、どんなコーデにも寄り添ってくれる定番アイテム。
ベージュのシャツに合わせるなら、何と言っても濃紺のデニムがオススメです。
ナチュラルな印象を与える淡いベージュに、ダークカラーが緊張感を呼び戻してくれます。

デニムのサイズ感は、スキニー~ストレートまでがオススメです。
また、丈感は足首でダボつかないように気を付けましょう。
トレンドのベージュのシャツは余裕のあるデザインの物が多いため、ボトムスはダボつかない方がスッキリ着こなせます。

出典:©zozo.jp

ベージュのシャツにライダースジャケットとデニムを合わせて、ハンサムな大人カジュアルコーデ。
レザーのバッグでかっちり感を更にプラスして、都会的な雰囲気に仕上げています。
こんなハンサムコーデの時は、リップやネイルをレッドにしてアクセントにするのがオススメです。

Lesson2: ×パンツのスタイルはほんの少しの「アソビ」が鍵

ベージュシャツにパンツのコーデは、合わせやすいのでとにかく人気があります。
シンプルなアイテムでまとめたら、全身被りコーデに遭遇なんてことも…。
そこでおすすめしたいのは、ほんの少しだけ「アソビ」を利かせたコーデなんです。

出典:©wear.jp

例えば、こんな風にベルトでウエストマーク。一気にオシャレ感が高まります。
キャスケットやベレー帽等をプラスして、可愛らしく仕上げるのもGOOD!
色々合わせやすいベージュのシャツ、ちょっとの「アソビ」でコーデの鮮度をアップさせましょう。

出典:©zozo.jp

こちらはフリンジのクラッチバッグと、パイソンのミュールで「アソビ」を取り入れています。
人気があり過ぎると、被りコーデの恐れがあるのがトレンドアイテムの難しいところ。
お気に入りアイテムをプラスして、自分らしいコーデに仕上げましょう。

出典:©wear.jp

ベージュ、ブラック、ネイビーでコーディネートした大人っぽいコーデです。
全て無地のアイテムですが、旬なバッグを一点投入しただけで華やかに感じますよね。
ついシンプルな服を着がち…という方はバッグで「アソビ」を効かせてみてはいかがでしょうか。

出典:©zozo.jp

ついついブラックのワイドパンツを合わせてしまいそうなところに、グラフチェックを選んで自分らしくコーデ。
ベージュのシャツには、レザーのバッグをチョイスするのが砕けすぎないポイントです。
キャンバストートだとカジュアルすぎてママっぽくなってしまう可能性があります。
こんなコーデに明るさをプラスしたい時は、パールのイヤリングが馴染んでくれますよ。

Lesson3: ×スカートで辛口フェミニンコーデ

元々メンズの定番アイテムだったベージュのシャツ。
レディースのスカートとコーデすると、こなれ感抜群に仕上がります。
パンツを合わせるコーデとは一味違う魅力があります。是非挑戦してみて下さい。

出典:©zozo.jp

ベージュと良く合うカラーのカーキのプリーツスカートに、ホワイトのスニーカーを合わせてカジュアルコーデ。
スカートと組み合わせると、ハンサムな雰囲気の中にもどことなく女性らしさが漂います。
より上品さを求めるなら、ポインテッドトゥのフラットシューズ+レザーバッグでかっちり感を加えてみると良いですよ◎

出典:©zozo.jp

女性らしさ抜群の、ベージュのとろみシャツにあえてスウェットのスカートをぶつけた上級カジュアルコーデです。
この時期ならシャギーニットのロングカーディガンなどを羽織っても可愛くまとまりそうです。
足元はブラックのショートブーツで女性らしく決めましょう。

出典:©zozo.jp

ホワイトに近いライトベージュのシャツに、トレンドの巻きスカートでレディな印象に。
タイトなシルエットのスカートに、シンプルなパンプスをチョイスすると途端にやぼったくなるので要注意!
レースアップシューズでこなれ感を演出してまとめるのが好印象です。

Lesson4: ベージュのデザインブラウスで、目指せオシャレ上級者!

ベージュのシャツの着こなしをマスターしたら、春まで着られるデザインブラウスにも挑戦してみませんか?
フェミニンさとトレンドムードたっぷりで、オシャレ上級者になれること間違いなし!
30代大人女子をより魅力的に見せてくれるコーデを集めましたので、早速見ていきましょう。

出典:©zozo.jp

ベージュとグレーのカラートーンでまとめたコーデは、どこか優しげな印象。
こんな着こなしの「地味過ぎ防止」に役立つのが、デザインブラウスなんです。
袖口にほどこされたフレアデザインが、さり気ないアクセントを効かせてくれます。

出典:©wear.jp

ベージュのシャツには濃紺デニムが合いましたが、ブラウスなら淡いデニムでもOK。
ライトカラーのデニムの時も、「きれいめ感」を失わないよう心がけるのが大人女子のルール。
スニーカーではなく、エナメルのバレエシューズで緊張感を保ちましょう。

出典:©zozo.jp

こちらはミモレ丈のデニムスカートと組み合わせて個性的に着こなしています。
フェミニンなベージュのデザインブラウスは、ライトから―のデニムでカジュアルダウンするとこなれムードが演出できます。
冬ならグレーのタイツ×ブラックのショートブーツで品良くまとまりますのでお試しあれ。

出典:©zozo.jp

ただ裾をインするだけでは物足りない!という方へ、最新の着こなしをご紹介します。
トレンドの波が来そうな幅広ベルトを、いち早く取り入れたオシャレなコーディネートです。
成功のポイントは、トップスと同系色のベルトをチョイスしていること。
ハイウエストパンツと合わせると足長効果が抜群です。

【まとめ】ベージュのシャツ&ブラウスは大人女子の頼れる味方!

着こなしレッスンは全て終了しましたが、お役に立ちましたか?
ベージュのシャツとブラウスは、コーディネート次第でいくらでも着まわしがきく素敵なアイテム。
自分に一番似合う組み合わせを是非探してみて下さいね♡

女子力に関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 11/18

11/18 19:37更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

新着記事一覧

関連するキーワード

キーワードから記事を探す